みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【NOW IS.こぼれ話】七ヶ浜町

広報誌「NOW IS vol.8」を発行しました。
今回は、サンドウィッチマンのおふたりと、多賀城市・七ヶ浜町へ。
今年の4月に災害科学科が新設された宮城県多賀城高校と、
七ヶ浜町にあるアートカフェバーSEASAW(シーソー)を取材してきました。

七ヶ浜町の菖蒲田海水浴場は、
「海水浴」が日本で一般的になり始めた1888(明治21)年に開設された歴史ある海水浴場です。
穏やかな海と風光明媚な景色で、多くの人に愛されてきました。

震災後は、浜の安全確保や周辺施設の問題などで
なかなかオープンできませんでしたが、
2016年の夏に10日間限定でプレオープンしました。

天候に恵まれたこともあり、ビーチは黒山の人だかり。
「町に賑わいが戻った」と喜びの声も聞かれました。%e5%86%99%e7%9c%9f1

アートカフェバーSEASAWの久保田さんも
「本当にたくさんの人が来てくれて。うれしかったですね」と笑顔。
久保田さんは、震災後、縁があって訪れた七ヶ浜に惚れ込み、
このカフェをオープンしました。
オーナーとして店を営む傍ら、
菖蒲田を舞台にライブなどを行う『SEVEN BEACH Festival』の
実行委員長も務めます。%e5%86%99%e7%9c%9f2

「菖蒲田海水浴場もそれ以外の場所も、
七ヶ浜にはすごく魅力的な場所がたくさんあります。
今はまだ、かつてのような賑わいは戻っていませんが、
ちょっとずつ活気を取り戻してきています。
震災前住んでいた人も、この海に想い出がある人も、
七ヶ浜に戻ってきてくれたらいいなと思っています」。%e5%86%99%e7%9c%9f3

菖蒲田浜海水浴場から車で10分ほど走った花渕浜には、
海の幸や海苔などの名産品が買える
「七ヶ浜うみの駅・松島湾海鮮市場 七のや」もオープンしました。

風光明媚な景色を楽しみながら、週末ドライブもいいかもしれません。

次回のこぼれ話では、多賀城市をご紹介します。