みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【黒羽麻璃央の宮城のおいしいをお取り寄せ VOL.8 最終回】

みやぎ復興情報ポータルサイトをご覧のみなさん、
こんにちは!

春ですね

今回は「阿部善商店のご当地サイダー」をいただきました。

まず「塩竈ジンジャーエールソルティ」からいただきます。

ジンジャーエール、
普段はハイボールでしか飲まないですが・・・

これは、おいしい!
甘いも辛いも当てはまらないというか、塩サイダー!

ジンジャー風味に、塩竈の藻塩を使用した、さわやかでコクのあるサイダーですね。
塩竈の「藻塩」は、地域に古くから伝わる藻塩草(アカモク)とともに煮詰める製法で、
松島湾の海水を使ってつくられた塩とのことで
藻塩はまろやかな塩味(しょっぱすぎない)なので、飲みやすいサイダーに仕上がっています!

夏に恋しくなる味ですね。
運動後とか、汗かいて塩分失ったときに飲みたいかも!笑

続いては「塩竈おでんサイダー」を。

おでんとサイダーの組み合わせはなかなか想像が難しいです笑

塩竈おでんの特徴であるカキエキスやおでんスープのベースとなる、昆布、かつおだしをアクセントにしたおでん味のサイダーとのことですが
うん、飲んだ感じ、昆布がきいてますね!
香りも強いです!
温めて飲んだら、薄口のおでんのつゆみたい笑
甘さとしょっぱさが共存する、クセになる感じで
焼酎とかで割ったら美味しそうです!
これは夜に飲みたいサイダーですね笑

この二つのご当地サイダーを販売している阿部善商店は、
昭和元年の創業以来、塩竈市で水産練り製品を生産しています。
東日本大震災の津波で被災しましたが、震災の約1カ月後には工場の一部ラインを再稼働しました。
震災を経験した従業員たちから「非常食にもできる缶詰をつくりたい」との声が上がり、
「塩竈おでん缶」という缶詰を開発をするなど、様々な商品開発を行っているそうです!

ということで

ゆるりと更新してきましたが
実は、今回が最後の更新となってしまいました。

宮城県には色々な美味しいものがあるな、と改めて思ったし
食の王国だな、って思いました!

このお仕事を通して
地元を感じることができて嬉しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

株式会社 阿部善商店

https://abezen.co.jp/

塩竈ジンジャーエ-ル ソルティ 12本入 3,240円
塩竈おでんサイダー 12本入 3,900円

阿部善商店オンラインショップ

https://www2.enekoshop.jp/shop/abezen/

黒羽麻璃央
1993年生まれ仙台市出身。第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリ受賞後、ミュージカル『テニスの王子様』、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどに出演し、俳優として活躍。2019年にみやぎ絆大使に就任。