みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【黒羽麻璃央の宮城のおいしいをお取り寄せ VOL.4】

みやぎ復興情報ポータルサイトをご覧のみなさん
こんにちは!

お変わりありませんか?

今回は「おからかりんとう」をいただきました!

おから自体は大好きでよく食べますが、
かりんとうになったおからは初めてです!

さっそくいただきまーす!
さんま味とずんだ味です!

この「おからかりんとう」は丸大豆のおから(遺伝子組み換えでない)と国産小麦粉を主原料にしているそうで
ふっくらしてるけどサクサクした食感ですね
おせんべいとかりんとうの間みたいな・・・
どこかで食べた感じがするんだけど、どこだろう?
緑茶が飲みたくなりますね(笑)

独自に開発した酵素「夢-21」により、低温で揚げても油をあまり吸わず、サクッとしたソフトな歯ごたえが特徴らしく、独自の製法でつくられてるみたいです!

「おからかりんとう さんま味」は、女川のさんまと、たまねぎの香りがほんのりと口の中に広がります。さんま味は、女川のかりんとうお土産人気ナンバーワンだそうです。

「おからかりんとう ずんだ味」は、宮城と言えば「ずんだ」。枝豆の風味を楽しめるそうですが、かすかにずんだの香りもします!

この「おからかりんとう」をつくっているのは、女川の障がい者就労支援施設「きらら女川」さん。

2010年12月に、女川町で初めての就労支援事務所(障がいのある方の社会参加をサポートする事務所)が開所しました。事業所利用のニーズが多く、利用者が増えたこともあり、もう少し事業を拡大しようと、新拠点施設をつくり、設備を整え引っ越しを始めたのが2011年3月11日、震災当日の朝でした。
沿岸部にあった事業所は、津波で元の事務所も新しい事務所も流失。(利用者さんも2名が行方不明に。)再建の目途がなかなか立たず、利用者さんは2年ほど在宅生活を余儀なくされました。
2013年、新しい工房が完成し、2015年には、商業施設のシーパルピア女川に、女川の食材を使ったメニューが味わえる食堂と、菓子や水産加工品などの販売コーナーを併設したショップをオープン。お店でも「おからかりんとう」を買うことができます。

ずんだは元々好きなんですが、
これは食べやすいし、TVとか見ながらずっと食べてられます(笑)

ベジチップスみたいで、おからが苦手な方でも食べられると思います!

「おからかりんとう」を多くの方に知っていただくことは、復興支援はもとより、障がいのある方の自立支援にも繋がります!
みなさんもよかったらぜひ!

きらら女川
さんまかりんとう 380円
ずんだかりんとう 380円

https://kiraraonagawa.stores.jp/

黒羽麻璃央
1993年生まれ仙台市出身。第23回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリ受賞後、ミュージカル『テニスの王子様 』、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどに出演し、俳優として活躍。2019年にみやぎ絆大使に就任。