みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【黒羽麻璃央の宮城のおいしいをお取り寄せ VOL.2】

みやぎ復興情報ポータルサイトをご覧のみなさん
こんにちは!

お待たせしました
「宮城のおいしいをお取り寄せ」第2回です!

さぁ、今回は・・・

「アグリードなるせ」という会社さんの
「ちびバウム」です!

これは「のびるバウム」というバウムクーヘンのミニサイズ版で、
ほんとに小さいですね

ちびバウム
またまたかわいいネーミングですね

このサイズなら全種類を食べやすいってことで
さっそくいただきます!

白色のバウムクーヘン

これは、よく食べるバウムクーヘンに比べると
甘くソフトな感じで
小さい子が好きそうな味だと思いました。
オーソドックスなバウムクーヘンで食べやすいですね!

これ、牛乳と一緒に食べたくなりますね

続いて
緑色のバウムクーヘン

外がカリっとしていて中がふわっとなっています。
外の部分が僕的においしいですね
見た目も珍しい形のバウムクーヘンです。

もちろん牛乳もあいます!笑

最後は
黄色のバウムクーヘン

3つの中で一番柔らかいです、これ。
洋菓子なのに米粉を使っているっていうので驚きましたね
味は甘味を抑えてあり、苦手な方でも食べやすい味なのかな?
僕は3つの中で1番好きです
牛乳と一緒に食べてほしいです!笑

差し入れなどで
バウムクーヘンを食べる機会があるのですが
さくっと食べられるサイズは助かるので
皆さんもぜひお土産に持っていったら喜ばれると思いますよー!

このバウムクーヘンを生産している「アグリードなるせ」さんは、
宮城県東松島市の野蒜(のびる)地区で農業を営む農業生産法人さんです。

東日本大震災の津波で深刻な被害に遭いました。。。
ですが
水が引いた後、すぐに除塩し、稲を作付け、その年(2011年)の秋には米を収穫。
地域一帯の産業復興を加速させたいと、
「NOBICO(のびこ)」という農産物処理加工施設をつくり、
被災者の継続的な雇用を創出。
自社で生産した小麦やお米を使って「のびるバウム」というバウムクーヘンの製造を行っているそうです!

野蒜地区といえば
小さい頃に家族でよく東松島の野蒜海岸に連れて行ってもらいました。
夏休みに日帰りで遊びに行ってよくはしゃいでましたね!笑

20歳の頃に地元の友達と車で「サザンオールスターズ」を聞きながら
野蒜に行ったこともありますね

仙台から車で1時間くらいで行けるので
ぜひ立ち寄ってみてください!

それでは、今回はこのへんで

また書きます

アグリードなるせ
ちびバウム 6個入1,350円、9個入1,850円、12個入2,350円
白…ソフト、緑…ハード、黄色…米粉
自社で栽培した小麦粉(白根小麦)や米粉(ひとめぼれ)を使い、丁寧に焼き上げたバウムクーヘン。卵やバターも国産を使用し、防腐剤・保存料は不使用です。
https://agriead.jp/
※オンラインショッピングの場合は、値段が少し異なります。

 

 


黒羽麻璃央
1993年生まれ仙台市出身。第23回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリ受賞後、ミュージカル『テニスの王子様 』、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどに出演し、俳優として活躍。2019年にみやぎ絆大使に就任。

※アグリードなるせの過去のインタビュー記事は、下記でご覧いただけます。
【NOW IS復興インタビュー】アグリードなるせ 安部俊郎さん(第1回)

【NOW IS復興インタビュー】アグリードなるせ 安部俊郎さん(第2回)