みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【復興インタビュー】一般社団法人ふらっとーほく

東日本大震災からの復興に向けた事業のサポート、さらにその事業を通した被災者の自立をサポートしている「一般社団法人ふらっとーほく」。県南の山元町を拠点に宮城県全域を活動範囲とするこの団体の代表が、阿部結悟さんです。

『震災後の故郷に広がっていたのは、
慣れ親しんだ風景とは全く異なるものだった』

震災当時、阿部さんは北海道大学に通う大学生でした。「仙台で生まれて3歳から山元町で育った僕にとって、宮城は生まれ故郷。テレビで震災の様子を見て、愕然としました。一方で僕が住んでいた札幌はほとんど影響がなくて、生活インフラもいつも通り。繁華街にはネオンが輝いていて、なんとも言えない気持ちになりました」。

交通網が麻痺する中、駆け付けたくともそれが叶わない時間を過ごした阿部さん。ようやく1か月を過ぎたころに降り立った故郷に広がっていたのは、慣れ親しんだ風景とはまったく異なるものでした。「言葉が適切かどうかわかりませんが、そのとき『爆心地に来てしまった』と思ったんです。まずは家族のこと、それから地域のためにを何かしないといけないと思いました」。急務のボランティアニーズが落ち着いたころ、阿部さんは同じ志を持つ仲間と法人を立ち上げる決意をしました。「長いスパンで町に残っていくものを作っていかないといけないと思って。『事業のサポート』、『被災者の自立のサポート』と難しいことを言っていますけれど、要は『何でも屋』です(笑)」。

『誰かの描いた夢を現実にするのが、僕の夢』

「一般社団法人ふらっとーほく」では、流失してしまった沿岸部の海岸林を復活させる 「わたりグリーンベルトプロジェクト」、亘理町・山元町・新地町のNPOや市民団体、住民が連携した地域体験のプログラム「まちフェス~伊達ルネッサンス~」、東北から学びたいという大学生や社会人への学びの機会の提供…など、これまで多岐にわたる活動を行ってきました。

そして現在、注力している「地元企業と学生とのマッチング事業」では、“御用聞き”のごとく企業のニーズをくみ取り、そこへ学生を送り出しています。

これまで、故郷のために東奔西走してきた阿部さんに、これから叶えたい「夢」を聞きました。「誰かが描いた夢を現実にすること。それが僕の夢ですかね。“ありえなければ、ありえないコトほど面白がる”というのが僕の職業倫理なので(笑)、これからもいろいろな人に寄り添っていけたらいいですね」。

「ふらっとーほく」では「津波・台風といった災害の度に立ち上がる東北から学びたい」という学生・社会人のための研修や体験プログラム開催のための募金活動を行っています。応援したいという方は、info@flatohoku.jpまでお問合せを。

 

一般社団ふらっとーほく

http://flatohoku.jp