みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【宮城発!元気と食の最新情報】宮城県産ホヤ天ぷら&唐揚げフェアが開催されました!

宮城を代表する三陸の味覚「ホヤ」。宮城県は気仙沼市唐桑町がホヤ養殖の発祥地であり、全国トップの生産量と消費量を誇ります。平安時代からホヤが食されていたという文献なども残っており、古くから三陸沿岸の地で親しまれ続けてきた食材である事をうかがい知ることができます。

また、ホヤは美容と健康によい海産物である事も分かっており、100g当たりで30kcalという低カロリー。さらには、豊富なビタミンとミネラルを含んでいます。特に食事での摂取が難しい亜鉛や、がん抑制効果などが期待されるグリコーゲンやビタミンB12などを豊富に含み、女性の体にもうれしい海産物なのです。

そんな宮城県民にはお馴染みの食材のホヤですが、残念ながら全国的な消費量の拡大には至っておらず、国内での消費量の拡大には、更なる情報発信の努力をしなければならない状況が続いています。そのような課題を、まずは地元から解決していこうと、今年度に宮城県の事業として取り組んだのが、「宮城県産ホヤ 天ぷら&唐揚げフェア」です。

誤解を恐れずに言えば、ホヤは独特の風味が特徴で、好む人を選ぶ上級者向けの食材でもあります。これまでのホヤの楽しみ方は、「ほや刺し」、「ホヤ酢」など、和食のカテゴリーの中で、生食として味わう料理が主に紹介されてきました。しかし、震災以降、首都圏からのボランティアの皆さんへと口コミで広まっていたホヤは、和食以外の料理人からの注目を集める事となり、ホヤの食材としてのポテンシャルは、和食のカテゴリー以外でも発揮されるようになりました。

首都圏では、「ほやほや学会」会長の田山圭子さんの尽力により、様々なジャンルの飲食店でホヤが取り扱われるようになってきました。また、県内でも、ホヤの消費拡大に向け、「一般社団法人食の力プロジェクト」の皆さんや、ホヤ料理専門店である「まぼ屋」を運営する飛梅さん、塩竈市に本店を構える「ほやほや屋」さん、長年に渡りホヤの商品開発を続けてきた「三陸オーシャン」さんなど、多くの生産者、加工業者、飲食店が1年を通じて日々積極的な普及活動と美味しい食べ方を提案してくれています。

今回、ホヤの旬の時期ではないフェアに疑問の声があった事も事実です。なぜ11月と2月にホヤなのか?実は震災以降、被災地の冷凍加工技術はものすごく発展を遂げていたのです!

震災以降に再建を果たした加工事業者のみなさんは、それぞれに最新の冷凍機械を導入しています。ホヤの味の決め手は鮮度です。県外の消費者からは、これまでは活ホヤで出荷した場合には、市場へ届くまでには鮮度が落ち、それが消費者からの味の評価として、マイナスに出てしまう事がありました。

しかし、近年、産地では旬である夏に、水揚げ直後のホヤをすばやく捌いて「むきホヤ」へと加工・冷凍をします。冷凍しても品質が変化しにくいホヤの特性と飛躍的に向上した冷凍技術により、ホヤは季節を問わず美味しく楽しめる食材になったのです!今回のフェアでは仙台市内と塩竈市から32店舗のお店にご協力を頂きました。各店とも趣向を凝らしたメニューを開発して頂きました。

「路地BAR八兵衛」さんは「ホヤのビール衣揚げ」、「北目町バールカピトーロ」さんでは「ホヤのフリット ブルギニヨン」、「トゥーレモン」さんでは「ホヤとセリのカルピオーネ」など、新たな洋食メニューも評判を呼びました。また、お蕎麦屋さんでは、エキナカの「そば うどん 萩」さん、一番町四丁目の老舗蕎麦屋「imosen」さんにご協力を頂き、「ホヤ天そば」を提供頂き、テイクアウト専門店の「街の惣菜屋mon」さんにも参加して頂いたので、お酒の席だけではなく、日常の食卓での「ホヤ」メニューの普及にも一役買って頂きました。

「ホヤのフリット ブルギニヨン」

「ホヤ天そば」

この場をお借りしまして関係各位の皆様、フェアにご参加頂き、ホヤメニューを食べて頂いた皆様に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

地元に根付いてきた食文化というものは、お金では買えない大きな財産だと私は思います。「ホヤ」は正に被災地域のローカルフードであり、これから全国に知られてゆく食材であるとも感じています。「ホヤ」の食べ方をめぐっては、これまた正直に言えば、活、生で食べる事こそが王道だ!との声がないわけでありません。ただ輸出ではなく、国内消費の拡大を目指してゆくならば、ホヤが苦手な人や初心者でも食べてみたいと思えるような様々な形でのフュージョンこそが、販路開拓への第1歩であり、新たな魅力発見にも繋がってゆくのではないかと。

フェアは終了しましたが、これからも飲食店やイベントで「ホヤ天ぷら」や「ホヤ唐揚げ」を見かけた際は、ぜひ食べて、地元発の食文化を盛り上げてくださいね!

 

宮城県産ホヤ 天ぷら&唐揚げフェア

第1弾

2019 11/5(tue)〜12/1(sun)

https://machico.mu/special/detail/1429

第2弾

2020 1/14(tue)〜2/11(tue)

https://machico.mu/special/detail/1348

 

執筆者PROFILE

一般社団法人IKI ZEN 佐藤大樹