みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

取材地:気仙沼市

【語り部が本当に語りたいこと】一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会 橋本茂善さん

被災して知る、かけ替えのない『日常』 誰もが信じられない規模の地震、津波が押し寄せた、3.11東日本…

この記事を読む...

【語り部が本当に語りたいこと】一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼 菊田忠衞さん

伝承(伝わるように) 大川の河口で休憩している時、突然、緊急地震速報が鳴る。激しい揺れに襲われ身動き…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】2011年5月12日 気仙沼市立松岩中学校 『Port of Notes』

2011年5月12日。私は雑誌『kappo仙台闊歩』の編集長(当時)の川元茂さんと一緒に気仙沼に向け…

この記事を読む...

前例も常識も気にしない。 人の命がかかった展示だから。リアス・アーク美術館 山内 宏泰さん

「まず、あの時何が起こったか、多くの人は知らないと思っています。知らないことは忘れられないし、風化も…

この記事を読む...

シンガーソングライター畠山美由紀さんとかけがえのない故郷へ。

復活を遂げた直売所と整備が進む海水浴場。 「わぁ、懐かしい!」。 気仙沼の旅は、シンガーソングライタ…

この記事を読む...

NOW IS. Vol.32

【NOW IS. KEY PERSON】 前例も常識も気にしない。人の命がかかった展示だから。 リア…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】気仙沼アンカーコーヒー小野寺さんに聞く、この夏のアイスコーヒーの楽しみ方!

錨をあしらったロゴマークが印象的な気仙沼市発祥のコーヒーショップ『アンカーコーヒー』。 地元の気仙沼…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】ご当地アイドル産地直送気仙沼少女隊「SCK GIRLS」 ~復興メッセンジャーのこれまでとこれから~

震災から立ち上がり、地元気仙沼に活気と笑顔を取り戻そうと結成されたアイドルユニットSCK GIRLS…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】3月11日の食の記憶を辿り、未来を紡ぐ。

平成30年3月11日14時46分。東日本大震災の発生からちょうど7年が経過したこの時、仙台市内の中心…

この記事を読む...

まちのパワーに惚れ込んで。移住ガールズ「Pen.turn」 根岸えまさん

「こういうカッコいい大人と一緒に働きたいと思ったんです。不安はなかったです。ワクワクだけ!」。 根岸…

この記事を読む...

やさしい歌声の源、あたたかな港町。熊谷育美さんと故郷・気仙沼を歩く。

被災地に足を運んで「今」を見てほしい 「私にとっての気仙沼は、陶芸家にとっての窯みたいなもの。ここで…

この記事を読む...

NOW IS. Vol.23

【NOW IS. KEY PERSON】 まちのパワーに惚れ込んで。 移住ガールズ Pen.turn…

この記事を読む...

クリス・ブロードさんが被災地をレポートしています。

You Tubeで東北・日本の魅力を発信し、多くの再生回数やフォロワーを抱えるクリス・ブロードさん(…

この記事を読む...

【いわたかれん復興フォトVOL.6】「海と共に生きてゆく」

皆さんこんにちは!岩田華怜です。 今回私がご紹介するのは、宮城県気仙沼市です。 気仙沼と言えば、海の…

この記事を読む...

「震災復興パネル2017」の貸し出しを行っています

宮城県では、震災復興情報を発信するパネルの貸し出しを行っています。(高精細のパネルは画像の下にあるP…

この記事を読む...

震災復興ポスター2017が完成しました!

東日本大震災から6年5ヶ月以上の月日が経ちました。宮城県は甚大な被害を受けましたが、全国の皆さまから…

この記事を読む...

第1回宮城県ご当地グルメ 気仙沼市・石渡商店の「濃縮ふかひれスープ」をお取り寄せ!

今回から宮城県の沿岸被災地のご当地グルメをご紹介する企画がスタート。第1回は鮫の水揚げ日本一のまち・…

この記事を読む...

NOW IS. Vol.7

“Newspaper Pick-Up”として掲載中の新聞記事はこちらからご覧いただけます。 気仙沼・…

この記事を読む...

親子の新しい働き方を探る NPO法人ピースジャム

気仙沼市の港から車で15分ほど。静かな山あいのエリアに「NPO法人ピースジャム」の活動拠点があります…

この記事を読む...

震災復興ポスターが完成しました。

東日本大震災から5年半以上の月日が経ちました。宮城県は甚大な被害を受けましたが、全国の皆さまからのご…

この記事を読む...