みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

第5回宮城県ご当地グルメ 亘理町・みやぎのあられ(株)の「みやぎのあられ詰合せ」をお取り寄せ!

宮城県のご当地グルメをご紹介する企画。
第5回は亘理町のご当地グルメをピックアップします。

もともと亘理町の米問屋・米農家だった創業者が、
「自分たちが作った米を、どうやっておいしく食べてもらうか」を考え、
あられ職人になったことからはじまった、みやぎのあられ(株)。
今回は「松島のり」や「ゆず仙台味噌」「三陸ほや」「蔵王バター」など、
宮城の素材たっぷりの「みやぎのあられ詰合せ」をお取り寄せしました。

シンプルながら品の良さを感じさせる黒い箱を開けると、
9種類のあられが並んでいます。
もち米の王様とも言われる宮城県産「みやこがね」を主原料としているそのこだわりから、
それぞれのパッケージには稲穂がデザインされています。
IMG_4705

あられと言うとお茶請けのイメージが強いと思いますが、
みやぎのあられはビールのおつまみにもぴったりのものがあります。
例えばチーズにピリッと黒胡椒のアクセントがきいている「チーズ黒胡椒」や、
後からくる辛味がクセになる「醤油七味」、
ほや独特の風味が口の中に広がる「三陸ほや」がおすすめ。
IMG_5040

この「三陸ほや」もそうですが、
みやぎのあられでは、あられの味付けに使う副素材も
宮城県産にこだわったものが多くあります。
東松島市矢本産ののりを醤油味のあられに贅沢に巻いた「松島のり」や、
仙台味噌の甘辛さとゆずの爽やかな風味が良く合う「ゆず仙台味噌」、
濃厚なバターの風味を生かした「蔵王バター」など、
どれも素材の風味をしっかりと感じられるものばかり。

そのほかにも、甘さが懐かしさを感じさせる「ざらめ」や「抹茶ざらめ」、
袋を開けた瞬間からかつお節の贅沢な香りがフワッと広がる「かつお吹雪」も
濃いめにいれた熱いお茶と一緒にいただくと、なんとも贅沢な気分になります。
IMG_5046

原材料となる「みやこがね」を自社の田んぼで育て、
昔ながらの手作りの製法であられを作り続けている、みやぎのあられ(株)。
あられの生地の天日干し、生地の裏表を返す作業などは機械化せず、
自然の力を借り、ほとんど人の手で行うこだわりよう。
もちろん手間や時間はかかりますが、
そうしなければ生み出せない素材の味わいや、程よい歯ごたえがあるのです。

“田舎の小さなあられ屋”のこだわりが詰まったあられを
ぜひ、お取り寄せしてみてください。
贈答用にはもちろん、
「松島のり」と「ゆず仙台味噌」「チーズ黒胡椒」は個包装になっているので、
オフィスでのおやつにもおすすめですよ。
IMG_5037

みやぎのあられ(株)/亘理町
「みやぎのあられ詰合せ」…3,132円(税込)
宮城県物産振興協会のWEBサイトで購入できます。
http://www.miyagibussan.or.jp/shop/item_detail?category_id=487845&item_id=2155152
みやぎのあられのWEBサイトでも購入できます。
http://www.miyaginoarare.co.jp/

取材協力/公益社団法人 宮城県物産振興協会