みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

第11回宮城県ご当地グルメ 塩竃市・蜂屋食品の「はちやの餃子セット」をお取り寄せ!

宮城県のご当地グルメをご紹介する企画。
第11回は塩竃市のご当地グルメをピックアップします。

大正13年。
港町・塩竃市で蒲鉾製造の会社としてスタートした、蜂屋食品。
2代目が戦前の満州で食べた餃子の味を忘れられなかったことから、
昭和36年に、蒲鉾に加えて餃子の製造を始めます。
今回は、50年以上「はちやの餃子」として親しまれている商品の中から、
おすすめの3品を詰合せにした「はちやの餃子セット」をお取り寄せしました。
IMG_0604

入っている商品は「はちやの餃子」「まんまるもちもち水餃子」「焼き小籠包」の3種類。
すべて冷凍で届きます。
しかも調理するときに解凍する必要がないので、
思い立ったらすぐ食べられるのがポイントです。

まずは、人気NO.1の「はちやの餃子」から!
強火で蒸し焼きにすること約5分。
こんがりきつね色に焼き色がついた餃子は、かなりニンニクがきいていますが、
シャキシャキとした歯ごたえのキャベツたっぷりのあっさり味。
豚肉もお茶の葉をエサにして食べさせた「栗駒高原カテキン豚」を使っているので、
脂っこくなく、ついつい箸が進みます。
餃子

続いては、同じく「栗駒高原カテキン豚」を使った「焼き小籠包」を一つ。
こちらも調理方法は餃子とほぼ同じ。
こんがりと焼き目がついたらできあがりです。
この、カリッとした焼き目がたまらない!
皮を開くと、中から栗駒産の豚肉と、涌谷産の小ネギの旨みが溶けだした濃厚な肉汁があふれ出し、
まるでお店で食べているような本格中華を味わえます。
小籠包

最後は「まんまるもちもち水餃子」で〆。
沸騰したお湯の中で約8分。
白玉だんごのように浮いてきたら食べごろです。
ポン酢などでそのまま食べてもおいしいのですが、
こちらはいろいろな食べ方ができるのがポイント。
今回は野菜たっぷりの中華スープに入れてみました。
名前の通り、本当にもちもち!その食感は、まるでお餅のようです。
ジュワッと肉汁が溢れる餡の中には、ニラがたっぷり!
こちらはニンニクが入っていないので、
臭いが気になる人や、小さいお子さんでも安心です。
IMG_0616

初めて味わった本場の味への感動を胸に、
こだわりを持って作り続けられてきた蜂屋食品の餃子。
調理法は本当に簡単で、スピーディーにできあがるので、
忙しい日の晩ごはんにおすすめです。
丁寧に書かれた調理の手順が同封されているので、料理が苦手な人でも安心!
ぜひ、お取り寄せしてみてください。

蜂屋食品/塩竃市
「はちやの餃子セット」(はちやの餃子・まんまるもちもち水餃子・焼き小籠包)…2,135円(税込)

宮城県物産振興協会のWEBサイトで購入できます。
http://www.miyagibussan.or.jp/shop/item_detail?category_id=487843&item_id=2126957

蜂屋食品のWEBサイトはこちら。
http://www.hachiya-foods.co.jp/

取材協力/公益社団法人 宮城県物産振興協会