みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

復興の街を未来のユートピアに!高橋ジョージさんと石巻をめぐる。

BLUE RESISTANCEでオーナーの黒澤英明さんと。

若いミュージシャンがスポットライトを浴びる場に。

遠くに石巻工業港の工場が霞む、オフシーズンの海岸。波音をバックに「ロード」の歌声が響きます。
この日、石巻を一緒に歩いたのは、歌手・タレントの高橋ジョージさん。石巻の海を見たいと、アコースティックギターを手に砂浜を歩きました。

「一歩一歩は時間がかかっても、確実に進化してるな…」。

ジョージさんは震災の7日後、被災地を訪れました。
出身は宮城県栗原市。仙台も石巻も想い出がたくさんあります。

「震災当時は自分があれもしないと、これもできる、という想いで動いてた。仕事のない日にクルマで被災地に行って、駐車場で突貫ライブしたりしていました」。

この日はじめに訪れたのは、石巻市中心部にあるライブハウスBLUE RESISTANCE。
沿岸部にライブハウスを建て、音楽の力で互いを励まし、震災と復興を体感してもらおうというプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」の力で生まれました。

壁には、ライブハウスの設立を支援したミュージシャンのサインがびっしりと貼られています。

BLUE RESISTANCE 壁や天井には、設立を支援したミュージシャンや企業、音楽ファンの人たちの名前が貼られている。

スタンドで250席ほどの小さなライブハウス。ジョージさんは2012年のオープンから度々訪れています。
「なんだか居心地がいいハコなんだよ。それにしてもいろんな人が来てるよね。ブッキングが大変でしょう」。

震災前まで養殖業を営んでいたという代表の黒澤英明さんは、控えめに笑いながらうなずきます。
「石巻はライブハウスがあまりない街なので、ここが音楽をする人の灯台のような場所になったらいいなと思います」。

ジョージさんも、「そうだよね」とうなずきます。
「若い人が熱をあげられる場があると、自分の街にプライドを持てるようになる。音楽を始めたばかりの人って、スポットライトと舞台が励みになるから。石巻って、英語でいったらロックンロールじゃない。ロックな若者が、ここから出るようになったらいいよね」。

街ができあがっていく過程を子どもたちに見せたい。

次に訪れたのは、2017年6月にオープンした「いしのまき元気いちば」。
「おお!いいね、ここ」。ジョージさんは声を上げます。
「石巻って、今までおみやげ買える場所があまりなかったから、これはうれしい」。

1階は海産物や農産物、おみやげなどが並ぶコーナー。2階にはフードコート「元気食堂」があります。
ジョージさんは海産物コーナーをまわって、試食したり、買い物したり。旬のウニを食べて「すごくうまい!」と満面の笑みです。
お店の方も「ウニは足が早いから、現地で食べるのが一番。ミョウバンが入っていないから、最高だよ」。

いしのまき元気いちば地元の学生とコラボして開発した商品も販売。新鮮な野菜や魚介を求めて訪れる地元客も多い。


2階の元気食堂では、東京の有名ラーメン店が監修した「あら~麺」に舌鼓。
1階の直売所でその日に出た魚のアラを使うこのラーメンを「デリケートなスープが最高。もっと宣伝して、もっと来てもらったらいいよ!」と絶賛しました。

長年テレビのラーメンコーナーを担当していた高橋さん。真剣な表情で口にし「このスープはすごい」と太鼓判。

旅の最後は、ジョージさんの同級生が経営するという焼肉店に。
「復興で来ていた工事関係者が減って、一時の勢いは収まってきていますが、石巻の人はみんな親切。この店のホルモンうまかったな、と思い出してもらえる店にしたい」とオーナーの松山さんは話します。

旧友と話が弾む高橋さん。「ここに来れば会えるって思うと、石巻に足が向くよね」。

「音楽、買い物、行きつけ。今日まわったような場所が、これからの街づくりのパーツになったらいいと思うんだよ」。
石巻に来るたびに足を運ぶという行きつけのお店で新鮮なホルモンを楽しみながら、ジョージさんは復興への想いを語ってくれました。

「住みやすさって、住む場所がいいかどうかだけじゃないでしょう。顔を突き合わせて話せるコミュニティが復興しないと、住みやすい街にはならない。いろいろ試行錯誤して、実験を重ねて、石巻を『理想郷』にしちゃったらいいんだよ。こんな街に住みたいってアイディアを出し合ってさ」。

港町に暮らす人々の活気を感じられる石巻を、もっと紹介したいとジョージさん。

「家族連れで来てもらって、子どもに見せたらいいと思うよ。街ができていく過程ってなかなか見られない。人間ってこうやって街をつくるんだって教えたいな。これからも出身者として、いい意味で口を出す存在でいたいなと思うんです。こういう案もある、もっとよくなる、といろいろなところで言い続けることが、いつか、いい街につながると思ってる。ユートピアにしたいですね!」。
(文責・沼田佐和子)

高橋ジョージ
1958年宮城県栗原市出身。ロックバンド「THE 虎舞竜」ボーカル。宮城絆大使、栗原ドリームアンバサダー。歌手・タレントとして数多くのテレビ番組に出演。東日本大震災後は、チャリティライブやボランティア活動などで被災地を支援した。