みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【宮城発!元気と食の最新情報】ご当地アイドル産地直送気仙沼少女隊「SCK GIRLS」 ~復興メッセンジャーのこれまでとこれから~

震災から立ち上がり、地元気仙沼に活気と笑顔を取り戻そうと結成されたアイドルユニットSCK GIRLS(エスシーケーガールズ)。
佐藤健さんはSCK GIRLSの代表/音楽プロデューサーとして、2011年秋のグループ結成時から現在まで、気仙沼の子供達の夢を叶えるために、裏方として彼女達の活動を支えてきました。

「東日本大震災直後、気仙沼の子供達に全国から、学業やスポーツへの支援を沢山いただきました。しかし、その支援の枠組みからも、はみ出してしまう子供や、塞ぎこんでしまっている子供がいる現実を目の当たりにし、心に傷を負ってしまっている子供達が何か活動できる場を作っていけないか?と考えました。

その時に小中高生の女の子達がアイドルという文化に夢中になっているという事を知り、“大人が子供にやらせたい事”ではなく、“子供達がやりたい事を大人がサポートしよう”という思いでプロジェクトがスタートしました。」

SCK GIRLSの活動には
「伝える!=被災地の今と感謝を届ける」。
「復興!=気仙沼市の活性化」。
「夢=なりたい自分になれるように」。
と「3つの想い」が込められました。

その想いとは裏腹に、結成後は様々な困難が目の前に立ちはだかりました。

佐藤さんが当時を回想します。
「震災直後だった事もあり、“練習場所が無い”“活動費が無い”など、大変だった事は沢山ありますが、様々な場面で地元や全国の方々に助けていただきました。

それでも一番苦労した点は、アイドルという文化をなかなか受け入れてもらえず、被災地での活動が周囲に認められるまで時間がかかった事です。子ども達が純粋に夢を追いかけるという活動を理解してもらいたいという一心でがんばって来ました。」

時には心ない言葉も寄せられる一方で、演者と運営が一体となり、地道にひたむきに活動する姿と情熱は、多くの人々の心を掴みます。

年間70本にもおよぶ、県内外の復興支援イベントへの出演を続ける中で、2012年には気仙沼市から「復興メッセンジャー」の称号が送られ、全国各地で気仙沼市のPR役も務めてきました。

しかし結成から2年が過ぎた時、佐藤さん達に大きな悲しみが訪れます。
代表を務めてきた、阿部健一さんが病で亡くなってしまうのです。

悲しみを受け止めながらも、佐藤さんとSCK GIRLSのメンバー達は、立ち止まる事なく、歩みを進めていきます。

「県内外を問わず、多くの復興イベントなどに呼んでいただいて、沢山の方々にSCK GIRLSを受け入れてもらい、通常では考えられないくらいの経験をさせていただきました。

こうした活動が目にとまり、小説の題材にもしていただきました。また、メンバーが憧れている『ももいろクローバーZ』さんと、仙台サンプラザホールでコラボステージをさせてもらった時の子ども達の笑顔と感動の涙は、活動を続けてきた中で一番忘れる事のできない思い出です。」

7年間にもに及ぶ活動の中で、グループのメンバーは入れ替わり、卒業していったメンバー達は、それぞれの夢に向かって挑戦を始めています。
中には大手のプロダクションへと移籍していったメンバーもいます。

それは被災地からでも「夢は叶う!」を目標に活動を続けてきたSCK GIRLSが成し遂げてきた軌跡でもありました。

現在、SCK GIRLSには、まりか、すず、ゆうき、まゆ、きょうか、くるみ、みさきの7名のメンバーが在籍し、市内外の復興イベントやアイドルイベント、ラジオ番組などのメディア出演等、勢力的に活動しています。

「私も東日本大震災で自宅が被災し、祖父母や親戚、多くの友人達が犠牲になりました。1人ではとても立ち直れない状況でしたが、多くの方々に支援や励ましの声を頂き、この想いを決して忘れてはいけないと感じました。

この経験は被災地の人達はみんな同じだと思い、感謝の気持ちや追悼、また今の被災地の現状を少しでも曲を通して伝えていきたいと考えています。

また、震災から7年が過ぎ、復興へのアプローチも新たな局面をむかえています。その中での地域活性化や風化など、気仙沼のアイドルグループにしかできない事をしっかりと活動に盛り込み、皆さんに笑顔になってもらえるような復興へのメッセンジャーとして被災地の今を伝えていきたいです。」

震災後、沢山の力を与えてもらったお返しが、少しでもできるようにとの想いを胸に、「復興メッセンジャー」としての役割を担いながら、ご当地アイドルSCK GIRLSと佐藤さんは、気仙沼から元気と笑顔と感謝の気持ちを、全国各地へと伝え続けています。

SCK GIRLS(エスシーケーガールズ)公式サイト
http://sckgirls.com/
ブログ
http://ameblo.jp/sckgirls/
twitter
https://twitter.com/SCKGIRLS

 

執筆者PROFILE
一般社団法人IKI ZEN 佐藤大樹