みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県
復興取材レポート

【いわたかれん復興フォトVOL.1】おらほの宮城

皆さん初めまして!
宮城県仙台市出身の、岩田華怜と申します。この度、宮城復興情報ポータルサイトにて、ブログの連載をさせて頂くこととなりました!
写真に関してはまだまだ勉強中で、上手に撮れるかわかりませんが、大好きな故郷が元気になって行く姿や、宮城の良いところ、美味しい物をたくさん紹介していければと思います!^ ^

ということで、さっそく行ってまいりました!まずは宮城県亘理町の若手生産者で作った株式会社和苺(なごみいちご)さんのいちごハウスにお邪魔してきました!

とにかく一粒一粒が大きくてびっくり!これからどんどん熟していって、甘みと酸味のバランスがよくなるそうです。

震災後、このハウスを含め、他にもたくさんのハウスが、国の支援金により建てられたそうです。

そしてそこで育てられている宮城のオリジナルブランドのいちごは、”もう一個食べたくなる!”と言う意味を込めて「もういっこ」という名がつけられています。

いちご農家の人たちが、愛情をいっぱい注いで育てたいちご。私も採れたての真っ赤で立派ないちごを、一粒頂きました。とにかく甘くて、大きくて、口の中いっぱいに幸せな味が広がります。まさに「もう一個!」と言ってしまいたくなるような味でした。

この「もういっこ」の他にも、ここで採れたいちごを使ったジェラートや、ピューレなんかもあるそうで!「おらほのいちご」と言う商品として、全国に広がっているそうです。
「おらほ」は宮城弁で、「僕たち、私たちの」と言う意味なんです◎まさに、この「もういっこ」は、私たちが誇れる宮城の美味だと思いました

続いては、温泉施設「わたり温泉鳥の海」へ。

海のすぐ側にあるこのわたり温泉鳥の海、露天風呂からは太平洋が一望できます。

中もとても綺麗で、旅の疲れを癒すにはうってつけの場所です
亘理町へ足を運んだ際には、是非立ち寄ってみてください

東京に戻ってたまたま入ったコンビニで、「もういっこ」のいちごを見かけました。こうして故郷の美味しい物が全国に届いているのを実感するのはとても嬉しいことです

皆さんも是非、宮城県産の物を見かけたら食べてみてください!
それが復興支援に繋がり、誰かの笑顔に繋がります。

誰かのために、できることを、一つずつ。

 


岩田華怜
仙台市出身の女優。AKB48を卒業し、被災地の「今」を伝えたいと写真の勉強を始める。