みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

復興計画・復興の歩み

宮城県の震災復興計画

本県は、平成23年度から平成32年度までの10年間で復興を達成するとの目標を定め、その道筋を示す「宮城県震災復興計画」を策定しています。

10年間の計画期間を「復旧期」、「再生期」、「発展期」の3期に区分。被災者支援を中心に生活基盤や公共施設を復旧させる「復旧期」、直接の被災者だけではなく、震災の影響により生活・事業等に支障を来している方々への支援を更に充実していくとともに、再生に向けたインフラ整備などを充実していく「再生期」、県勢の発展に向けて戦略的に取り組みを推進していく「発展期」と設定しています。また、復旧の段階から、再生期・発展期に実を結ぶための「種」をまき、ふるさと宮城の復興に結びつけます。

計画期間:10年間(目標:平成32年度)

10年計画

復興の基本理念

  • 理念1災害に強く安心して暮らせるまちづくり
  • 理念2県民一人ひとりが復興の主体・総力を結集した復興
  • 理念3「復旧」にとどまらない抜本的な「再構築」
  • 理念4現代社会の課題を解決する先進的な地域づくり
  • 理念5壊滅的な被害からの復興モデルの構築

復興のポイント

  1. 災害に強いまちづくり宮城モデルの構築
  2. 水産県みやぎの復興
  3. 先進的な農林業の構築
  4. ものづくり産業の早期復興による「富県宮城の実現」
  5. 多様な魅力を持つみやぎの観光の再生
  6. 地域を包括する保健・医療・福祉の再構築
  7. 再生可能なエネルギーを活用したエコタウンの形成
  8. 災害に強い県土・国土づくりの推進
  9. 未来を担う人材の育成
  10. 復興を支える財源・制度・連携体制の構築
シーパルピア女川(女川町)平成27年12月オープン

シーパルピア女川(女川町)平成27年12月オープン

災害公営住宅整備状況(石巻市湊筒場地区)

災害公営住宅整備状況(石巻市湊筒場地区)

建設中の災害公営住宅(南三陸町志津川東)

建設中の災害公営住宅(南三陸町志津川東)

復興の歩みひとつひとつを積み重ねてきた歩み

2011年(平成23年)
3月11日
東日本大震災発生/「宮城県災害対策本部」設置/全市町村に災害救助法を適用
14日
東日本大震災の県内被災者が最大に(約32万人)
24日
東北自動車道の全面通行止解除
30日
三陸自動車道が全面復旧
4月7日
宮城県沖を震源とするM7.1の余震発生
11日
「宮城県震災復興基本方針(素案)」公表
13日
仙台空港で震災後初となる国内臨時便が就航
14日
塩竈市魚市場で震災後初の水揚げ
22日
「宮城県震災復興本部」設置
28日
県内初の仮設住宅入居開始(塩竈市)
29日
東北新幹線が全線復旧
5月 2日
「宮城県震災復興会議」開催
6月20日
「東日本大震災復興基本法」成立
25日
「東日本大震災復興構想会議」が「復興への提言」を決定
7月25日
仙台空港で国内定期便が再開、国際臨時便も就航
8月 1日
自衛隊による復興支援活動終了
10日
県内初の事業用仮設施設(しおがま・みなと復興市場)が完成
9月 1日
「東日本大震災 心の相談 ホットライン・みやぎ」を開設(仙台市)
12日
「東京電力福島第一原子力発電所事故対策みやぎ県民会議」設立
25日
仙台空港ビル完全復旧及び国際定期便運航再開
10月 1日
仙台空港アクセス鉄道が全線で運行再開
18日
「宮城県震災復興計画」策定
12月 1日
宮城県震災復興本部に「被災者生活支援実施本部」を設置
「みやぎ心のケアセンター」を開設
9日
「復興庁設置法」成立
11日
県内のライフラインが全て復旧(津波流出地域を除く)
26日
応急仮設住宅完成(406団地22,095戸)
30日
県内の全避難所が閉鎖
2012年(平成24年)
1月31日
「東京電力福島第一原子力発電所事故被災基本法」策定
2月 9日
県内34市町村と共同申請した「民間投資促進特区(ものづくり産業版)」の認定
10日
国が「復興庁」設置。仙台市に宮城復興局、石巻市及び気仙沼市に支所を設置
3月11日
県内各地で追悼式典などの開催(東日本大震災発生から1年)
19日
「東京電力福島第一原子力発電所事故被害対策実施計画」策定
24日
亘理名取ブロック(亘理処理区)焼却施設火入式
26日
「宮城の将来ビジョン・震災復興実施計画(復旧期)」策定
「宮城県災害対策本部」を廃止
4月 1日
全国初の県内公立学校への「防災主任」、拠点小学校への「防災担当主幹教諭」を配置
10日
県が申請した「宮城県保健・医療・福祉復興推進計画」の認定
24日
「宮城県災害廃棄物処理対策協議会市町村長会」設置
6月 8日
「みやぎ復興住宅整備推進会議」設置
12日
県内17市町村と共同申請した「民間投資促進特区(IT産業版)」の認定
16日
海岸林本格復旧に向けて「海岸林再生キックオフ植樹」を開催(七ヶ浜町)
7月18日
「宮城県災害公営住宅整備指針(ガイドライン)」策定
20日
「新蛇田地区被災市街地復興土地区画整理事業」事業認可(事業認可第1号)(石巻市)
8月 5日
「玉浦西地区防災集団移転促進事業」起工(県内初)(岩沼市)
20日
JR気仙沼線がバス高速輸送システム(BRT)による運行開始(気仙沼市・南三陸町・登米市)
9月10日
「震災復興に伴う盛土材連絡調整会議」設置
28日
県内11市町と共同申請した「民間投資促進特区(農業版)」の認定
10月18日
「宮城県被災者復興支援会議」設置
22日
宮城県震災復興本部に「まちづくり・住宅整備推進本部」を設置
11月 3日
「三陸沿岸道路(歌津〜本吉間)起工式」を開催(南三陸町)
11月21日
被災宅地買い取り着手(東松島市)
2013年(平成25年)
1月29日
気仙沼ブロック(気仙沼処理区)小泉地区焼却施設稼働式(県受託処理による焼却炉計26基全て完成)
3月10日
沿岸7市町が指定している被災市街地復興推進地域での建物の建築制限が一部解除
11日
東日本大震災発生から2年
25日
「復興まちづくり事業カルテ」発表
26日
東日本大震災復興基金交付金(津波被災住宅再建支援分)を沿岸15市町村に交付
4月 1日
県内初の災害公営住宅入居開始(仙台市,石巻市,山元町)
「みやぎ鎮魂の日を定める条例」施行
23日
県が申請した「石巻市桃浦地区水産業復興特区」の認定
26日
宮城県災害廃棄物処理実行計画(最終版)公表
5月24日
「三陸復興国立公園」が開園
29日
「震災復興祈念公園(石巻市南浜地区)整備」発表
6月20日
県内初の防災集団移転促進事業が竣工(仙台市)
8月23日
東松島市野蒜に大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成
31日
気仙沼市小泉地区の2次仮置き場で焼却処理が完了
9月 1日
水産業復興特区を活用した新たな漁業がスタート(石巻市)
3日
「いちご団地」が完成。生産者に引き渡される(亘理町)
10月29日
県内35市町村と共同申請した「宮城県復興推進計画(公営住宅関係)」の認定
11月3日
「慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)」が再開(石巻市)
12月17日
「農山漁村地域復興基盤総合整備事業」起工式(県内初の起工式)(岩沼市)
19日
兵庫県から寄付金を活用した「地域コミュニティ施設」第1号が完成(亘理町)
2014年(平成26年)
1月18日
災害廃棄物県内焼却処理の終了
2月25日
災害廃棄物県外処理の終了
3月11日
東日本大震災から3年(みやぎ鎮魂の日)
12日
災害廃棄物処理の終了
24日
「東京電力福島第一原子力発電所事故被害対策実施計画(第2期)」策定
25日
「宮城の将来ビジョン・震災復興実施計画(再生期)」策定
4月 1日
「改正震災対策推進条例」施行
18日
復興推進委員会「『新しい東北』の創造に向けて(提言)」提出
24日
仙台空港の民営化について、国がその実施方針を決定
30日
震災による県管理道路の通行止めが全て解除(石巻市・女川町)
6月27日
仮設住宅の入居期間の1年延長について、国から通知(入居期間:建設・入居から原則5年間)
7月18日
「復興まちづくり産業用地カルテ」発表
19日
「海の市」/「シャークミュージアム」がグランドオープン(気仙沼市)
9月 2日
文部科学省が東北地方への医学部設置の認可申請を可能とする1校として「東北医科薬科大学」の構想を選定
30日
災害廃棄物処理施設の解体撤去と用地の原状復旧並びに返地が終了
10月4日
「わたり温泉鳥の海」が日帰り温泉を再開(亘理町)
交流拠点施設「きずなぽーと“わたり”」がオープン(亘理町)
11月15日
大島架橋本体工事の着工式を開催(気仙沼市)
12月6日
常磐自動車道のうち、未開通の相馬-山本ICと浪江-南相馬ICが開通(山元町)
14日
仙石線陸前大塚・陸前小野間のレール締結式を開設(東松島市)
19日
「まちなか再生計画」認定(認定第1号)(女川町)
2015年(平成27年)
1月 8日
「宮城県震災遺構有識者会議報告書」提出
3月 1日
常磐自動車道が全線開通
11日
東日本大震災から4年(みやぎ鎮魂の日)
14日
国連防災会議とパブリック・フォーラム(関連イベント)が開催(仙台市)
16日
「東日本大震災−宮城県の発災後1年間の災害対応の記録とその検証−」発行
21日
JR石巻線が全線運行再開・「おながわ復興まちびらき2015春」が開催される(女川町)
30日
仙台松島道路「松島北IC~鳴瀬奥松島IC」4車線供用開始
5月30日
JR仙石線全線運行再開・仙石東北ライン開業
7月19日
玉浦西地区まち開き(岩沼市)
8月31日
「東北医科薬科大学医学部」の新設が認可される
9月 1日
石巻市水産物地方卸売市場石巻売場全面供用開始
10月 4日
三陸沿岸道路「石巻女川IC」「県道石巻女川インター線」開通(石巻市)
美田園北地区まちびらき(名取市)
11月 3日
石巻市新市街地5地区まちびらき(石巻市)
11月15日
国道108号花渕山バイパス開通(大崎市)
12月 6日
仙台市地下鉄東西線開通(仙台市)
14日
「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」が開設(南三陸町)
23日
「女川駅前商業エリア」が開業し、「おながわ復興まちびらき2015冬」が開催(女川町)
2016年(平成28年)
3月11日
東日本大震災から5年。各地で追悼式などが行われる
26日
仙石線「石巻あゆみ野駅」が開業(石巻市)
27日
三陸沿岸道路「仙塩道路」4車線化及び多賀城ICが開通
29日
スマート水素ステーションの整備(仙台市)と燃料電池自動車(FCV)の導入
4月1日
多賀城高校災害科学科開校(多賀城市)/東北医科薬科大学の医学部新設(仙台市)
16日
三陸沿岸道路「登米東和IC〜三滝堂IC間」開通
24日
国道346号本吉バイパス開通
6月1日
南三陸町地方卸売市場落成式(南三陸町)
7月1日
仙台空港民営化(国が管理する空港の民営化第1号)
8月6日
女川-仙台間で仙石東北ラインによる一部直通運行開始(女川町)
10日
国道398号戸倉・波伝谷復興道路が開通
9月1日
石巻市立病院が5年半ぶりに診療を再開(石巻市)
24日
「あおい地区まちびらき」が開催され、青森ねぶたもまちの誕生祝う(東松島市)
10月23日
「つばめの杜地区」と「新坂元駅周辺地区」でまちびらき(山元町)
28日
救命医療用ヘリコプター「ドクターヘリ」が運航開始(仙台市)
30日
三陸沿岸道路「三滝堂IC〜志津川IC間」が開通
11月20日
野蒜ケ丘(野蒜北部丘陵)地区で最後の宅地引き渡し式
東松島市最大規模の防災集団移転促進事業の宅地整備完了(東松島市)
12月10日
JR常磐線の運休区間が再開(相馬-浜吉田間)
2017年(平成29年)
1月9日
被災した野蒜小と宮戸小が統合してできた宮野森小学校の新校舎が完成(東松島市)
3月3日
「南三陸さんさん商店街」が本設移転し開業(南三陸町)
11日
東日本大震災から6年。各地で追悼式などが行われる
19日
新門脇地区で街びらき(石巻市)
20日
三陸沿岸道路「志津川IC〜南三陸海岸IC間」が開通(南三陸町)
22日
東北初の商用水素ステーション運用開始(仙台市)