みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

東日本大震災の概況

名取市を飲み込んだ大津波

平成23年3月11日(金)午後2時46分、東日本大震災が発生しました。東日本を中心に大きな揺れが約3分間続き、電気、ガス、道路など社会的なインフラに大きな被害が発生しました。また地震により発生した巨大津波により、宮城県内では1万人を超える死者・行方不明者が生じることになりました。沿岸地域では、従来一定の津波対策を行ってきましたが、今回の巨大津波を防ぐことができず、広範囲にわたり壊滅的な被害をもたらしました。

最大32万人を超える被災者が避難所での生活を余儀なくされ、今なおその影響が続いています。また東京電力福島第一原子力発電所が津波で被災し、宮城県においても、放射能測定や各種検査などの対応に追われました。

地震の概況等

地震名 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震
発生日時 平成23年3月11日(金)14時46分
発生場所 三陸沖(北緯38.1度,東経142.5度) ※牡鹿半島の東約130km
震源の深さ 24km
規模 マグニチュード9.0
最大震度 震度7(栗原市)
地盤沈下 海抜0m以下の面積56k㎡(震災後増加割合3.4倍)
大潮の満潮位以下の面積129k㎡(震災後増加割合1.9倍)
過去最高潮位以下の面積216k㎡(震災後増加割合1.4倍)
津波の高さ 仙台港:7.2m(平成23年4月5日気象庁発表)
石巻市鮎川:8.6m以上(平成23年6月3日気象庁発表)

宮城県の浸水域

寄磯港に押し寄せる津波(石巻市)

寄磯港に押し寄せる津波(石巻市)

船・住宅をのみ込み津波(女川町)

船・住宅をのみ込み津波(女川町)

仙台港のコンビナートで火災が発生(仙台市)

仙台港のコンビナートで火災が発生(仙台市)

東北新幹線ホームの天井板がはがれる(仙台駅)

東北新幹線ホームの天井板がはがれる(仙台駅)

平野では広い地域が津波にのまれた(山元町)

平野では広い地域が津波にのまれた(山元町)

倒壊家屋から生存者を捜す(仙台市)

倒壊家屋から生存者を捜す(仙台市)

被害の状況等

人的被害 死者(関連死を含む) 10,551人
行方不明者 1,236人
住家被害 全壊 82,999棟
半壊 155,131棟
避難状況(ピーク時) 避難所 1,183施設
避難者数 320,885人
ライフライン被害(ピーク時) 電気・停電戸数 1,545,494戸
水道 給水支障 35市町村
ガス 供給支障 13市町
被害額(継続調査中) 9兆2,258億円(平成28年3月10日現在)
交通関係 103億円 鉄道、バス、離島航路
※東日本旅客鉄道分を含みません
ライフライン施設 2,393億円 電気、水道、都市ガス、通信・放送施設
保健医療・福祉施設 509億円 医療機関、社会福祉施設など
建築物(住宅関係) 50,904億円
民間施設等 9,906億円 工業、商業、自動車、船舶など
農林水産関係 12,952億円 農業、畜産業、林業、水産業など
公共土木施設・交通基盤施設 12,568億円 道路、河川、海岸、港湾、下水道など
文教施設 2,105億円 学校、社会教育施設、文化財施設など
廃棄物処理・し尿処理施設 54億円
その他の公共施設等 761億円 観光施設、消防・警察関係施設、庁舎など
(※端数処理の関係で合計額は一致しません。)
パイプ断裂でガスの供給が停止(仙台市)

パイプ断裂でガスの供給が停止(仙台市)

津波で浄化センターの施設が破損(岩沼市)

津波で浄化センターの施設が破損(岩沼市)

丘陵部では地滑りが発生(仙台市)

丘陵部では地滑りが発生(仙台市)

津波で破壊された漁港施設(山元町)

津波で破壊された漁港施設(山元町)

塩害により枯れたイチゴの苗(山元町)

塩害により枯れたイチゴの苗(山元町)

名産品のかまぼこ工場も壊滅的被害(名取市)

名産品のかまぼこ工場も壊滅的被害(名取市)

買い出しのため並ぶ多くの被災者(仙台市)

買い出しのため並ぶ多くの被災者(仙台市)

満杯になる震災ごみ仮置き場(仙台市)

満杯になる震災ごみ仮置き場(仙台市)

全国から多くのボランティアが(松島町)

全国から多くのボランティアが(松島町)

写真提供:河北新報社