みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

分類:東日本大震災

未来の道しるべになった 青い鯉のぼりの輪。青い鯉のぼりプロジェクト 伊藤 健人さん

東松島市大曲浜。 復興工事のトラックが行き交い、茶色の土煙があがるこの地区には、毎年4月半ばになると…

この記事を読む...

震災にピュアに向き合う人々に会う。木村拓哉さんと東松島へ。

もう一度出会う ブルーインパルス 車窓から山並みが遠くに見えます。 「ああ、この景色。なつかしいな」…

この記事を読む...

今月のNOW IS.巻頭特集は木村拓哉さんです!

宮城県では、復興の「いま」を伝える広報紙「NOW IS.(ナウイズ)」を毎月11日に発行しています。…

この記事を読む...

最後のひとりが仮設住宅を出るまで続けたい。石巻復興きずな新聞舎 岩元 暁子さん

JR石巻駅近くの築50年になる木造2階の一軒家。 ここで毎月発行しているのが「石巻復興きずな新聞」。…

この記事を読む...

復興の街を未来のユートピアに!高橋ジョージさんと石巻をめぐる。

若いミュージシャンがスポットライトを浴びる場に。 遠くに石巻工業港の工場が霞む、オフシーズンの海岸。…

この記事を読む...

【震災遺構】~千年先の子どもたちのために~「岩沼市千年希望の丘」

東日本大震災により発生した津波で、市面積の約48%が浸水した岩沼市。津波被害を受けた沿岸部、仙台空港…

この記事を読む...

おかげさまのこころで、これからも生きていく―瑞巌寺 稲富慶雲さん

日本三景のひとつである松島には、日本全国、そして世界中から多くの観光客が訪れます。 その松島の象徴的…

この記事を読む...

「みやぎ・復興の歩み7」のパネルの貸し出しを行っています。

東日本大震災から7年経過した宮城の復興の様子と震災復興情報発信プロジェクトNOW IS.の展開をまと…

この記事を読む...

大好きな場所の未来のために。別所哲也さんと新しい松島へ。

歴史ある松島を価値が生まれる地に。 「ベストポジションじゃないですか、ここ」。 俳優の別所哲也さんは…

この記事を読む...

これは自分が伝えなければ、と。仙台中央タクシー 菊地正男さん

1回の乗車時間はおよそ2.5時間。仙台駅を起点に沿岸部へ。荒浜や名取市を案内するのが通常ルートで、と…

この記事を読む...

できる角度で、ずっと手助けしたい。ロバート馬場さんと8年目の仙台市へ。

仙台市民の生活を守った知られざる職員のエピソード 5月は杜の都・仙台が最も輝く季節。 新緑を車窓から…

この記事を読む...

人間の強さが取り戻した荒浜のおだやかな海。サーフショップ リアルサーフ 残間祥夫さん

海岸まで自転車で数分。波の音が聞こえる場所に、サーフショップ「リアルサーフ」はあります。 オーナーの…

この記事を読む...

触れ合うと、もっと楽しくなる。ムーディ勝山さんと亘理町のおいしいものを食べる旅。

骨折した骨が強くなるような「たくましさ」を感じた 「わあ、海、きれいですねえ!」。 朝から降り続いた…

この記事を読む...

「みやぎ・復興の歩み7」を発行しました

「みやぎ・復興の歩み7」は、東日本大震災から7年経過した宮城の復興の様子と震災復興情報発信プロジェク…

この記事を読む...

まちのパワーに惚れ込んで。移住ガールズ「Pen.turn」 根岸えまさん

「こういうカッコいい大人と一緒に働きたいと思ったんです。不安はなかったです。ワクワクだけ!」。 根岸…

この記事を読む...

やさしい歌声の源、あたたかな港町。熊谷育美さんと故郷・気仙沼を歩く。

被災地に足を運んで「今」を見てほしい 「私にとっての気仙沼は、陶芸家にとっての窯みたいなもの。ここで…

この記事を読む...

頑張る人と変わらない景色。葉加瀬マイさん、袴田彩会さん姉妹と仙台市沿岸部へ

           被災地に足を運んで「今」を見てほしい 震災前、仙台市の沿岸は30万本の松林に覆…

この記事を読む...

クリス・ブロードさんが被災地をレポートしています。

You Tubeで東北・日本の魅力を発信し、多くの再生回数やフォロワーを抱えるクリス・ブロードさん(…

この記事を読む...

つるの剛士さんと多賀城・七ヶ浜で躍動する復興の力を感じる一日

外の発想で町の魅力を再発見してもらいたい 「江の島の海と違うなぁ!色も違うし、穏やかで」。タレントの…

この記事を読む...

次は、私たちがみんなの役に立つ番です 多賀城高等学校災害科学科 佐藤岳さん・渡邉怜那さん

「うちは1階が浸水し、通っていた小学校に2日間避難してました。いつもと違って人が多くて、すごく疲れた…

この記事を読む...