みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

分類:東日本大震災

歴史的建造物を、みんなが集まれる場所に。カフェ はれま 菊池 千尋さん

陸奥之国一之宮(むつのくにいちのみや)・鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の門前町として、そして東北屈指の…

この記事を読む...

塩竈の魅力が詰まったGAMA ROCKを平間至さんとめぐる。

GAMA ROCKはこれから何をしていくべきか 白・青・オレンジ、3色のフラッグを横目に歩みを進める…

この記事を読む...

「震災復興パネル2018」の貸出しを行っています

宮城県では、震災復興情報を発信するパネルの貸出しを行っています。(高精細のパネルは画像の下にあるPD…

この記事を読む...

震災復興ポスター2018が完成しました!

東日本大震災から7年半以上の月日が経ちました。宮城県は甚大な被害を受けましたが、全国の皆さまからのご…

この記事を読む...

これからも、女川の海とともに。ハイブリッジ 髙橋 正祥さん

豊饒の海として、いにしえの時より、多くの人たちを惹きつけてきた女川の海。 震災では甚大な被害を受けま…

この記事を読む...

仙台市在住の作家・熊谷達也さんと自転車でめぐる、海が見えるまち・女川。

三陸の美しさを再認識するサイクリングツアー 熊谷達也さんは、東日本大震災後、週末ごとに沿岸部に通った…

この記事を読む...

未来の道しるべになった 青い鯉のぼりの輪。青い鯉のぼりプロジェクト 伊藤 健人さん

東松島市大曲浜。 復興工事のトラックが行き交い、茶色の土煙があがるこの地区には、毎年4月半ばになると…

この記事を読む...

震災にピュアに向き合う人々に会う。木村拓哉さんと東松島へ。

もう一度出会う ブルーインパルス 車窓から山並みが遠くに見えます。 「ああ、この景色。なつかしいな」…

この記事を読む...

今月のNOW IS.巻頭特集は木村拓哉さんです!

宮城県では、復興の「いま」を伝える広報紙「NOW IS.(ナウイズ)」を毎月11日に発行しています。…

この記事を読む...

最後のひとりが仮設住宅を出るまで続けたい。石巻復興きずな新聞舎 岩元 暁子さん

JR石巻駅近くの築50年になる木造2階の一軒家。 ここで毎月発行しているのが「石巻復興きずな新聞」。…

この記事を読む...

復興の街を未来のユートピアに!高橋ジョージさんと石巻をめぐる。

若いミュージシャンがスポットライトを浴びる場に。 遠くに石巻工業港の工場が霞む、オフシーズンの海岸。…

この記事を読む...

【震災遺構】~千年先の子どもたちのために~「岩沼市千年希望の丘」

東日本大震災により発生した津波で、市面積の約48%が浸水した岩沼市。津波被害を受けた沿岸部、仙台空港…

この記事を読む...

おかげさまのこころで、これからも生きていく―瑞巌寺 稲富慶雲さん

日本三景のひとつである松島には、日本全国、そして世界中から多くの観光客が訪れます。 その松島の象徴的…

この記事を読む...

「みやぎ・復興の歩み7」のパネルの貸し出しを行っています。

東日本大震災から7年経過した宮城の復興の様子と震災復興情報発信プロジェクトNOW IS.の展開をまと…

この記事を読む...

大好きな場所の未来のために。別所哲也さんと新しい松島へ。

歴史ある松島を価値が生まれる地に。 「ベストポジションじゃないですか、ここ」。 俳優の別所哲也さんは…

この記事を読む...

これは自分が伝えなければ、と。仙台中央タクシー 菊地正男さん

1回の乗車時間はおよそ2.5時間。仙台駅を起点に沿岸部へ。荒浜や名取市を案内するのが通常ルートで、と…

この記事を読む...

できる角度で、ずっと手助けしたい。ロバート馬場さんと8年目の仙台市へ。

仙台市民の生活を守った知られざる職員のエピソード 5月は杜の都・仙台が最も輝く季節。 新緑を車窓から…

この記事を読む...

人間の強さが取り戻した荒浜のおだやかな海。サーフショップ リアルサーフ 残間祥夫さん

海岸まで自転車で数分。波の音が聞こえる場所に、サーフショップ「リアルサーフ」はあります。 オーナーの…

この記事を読む...

触れ合うと、もっと楽しくなる。ムーディ勝山さんと亘理町のおいしいものを食べる旅。

骨折した骨が強くなるような「たくましさ」を感じた 「わあ、海、きれいですねえ!」。 朝から降り続いた…

この記事を読む...

「みやぎ・復興の歩み7」を発行しました

「みやぎ・復興の歩み7」は、東日本大震災から7年経過した宮城の復興の様子と震災復興情報発信プロジェク…

この記事を読む...