みやぎ復興情報ポータルサイト
宮城県

分類:復興

【NOW IS復興インタビュー】塩釜市寒風沢島「寒風沢農園」

塩竈市 浦戸諸島に、寒風沢島(さぶさわじま)という島があります。 江戸時代には伊達藩の江戸廻米の港と…

この記事を読む...

宮城にいるタレントだからできること。本間秋彦さんとにぎわいの松島・利府を歩く。

島巡りを楽しみながら被災体験を聞く 日本三景・松島。大型バスが乗り付け、この日も多くの観光客が訪れて…

この記事を読む...

大好きな松島のために、できることを。むとう屋 佐々木 憲作さん

日本三景のひとつとして、日本全国はもとより、世界中からも多くの観光客が訪れる松島。ここで、こだわりの…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】港町しおがま本町を照らす小さな灯台

港町である塩釜市に、異国情緒に溢れる一風変わった、オリエンタルな居酒屋があります。 お店の名前は「東…

この記事を読む...

【NOW IS復興インタビュー】名取閖上港 魚匠 鈴栄

宮城県名取市閖上(ゆりあげ)に震災後にできた水産加工団地があります。 その中にある企業のひとつが名取…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】塩釜から冬場の宮城県産ホヤの消費拡大を目指して! 

世界三大漁場と呼ばれる三陸沿岸は、養殖ホヤの一大産地。 宮城県は、ホヤの生産量、消費量ともに全国トッ…

この記事を読む...

【いわたかれん復興フォトVOL.7】「遺す」

こんにちは。岩田華怜です。 すっかり冬になり、寒い日が続いています。 この時期になると、毎年東北へ帰…

この記事を読む...

老舗の工場も新しい取り組みも。山元町をティーナ・カリーナさんと。

被災した土地だからこそ生まれた復興芝生 「わあ!ひろーい!きれい!」。秋晴れの青空に一面の芝生。目が…

この記事を読む...

“つながる場所”として、このカフェを大事にしたい。工房地球村 小泉 大輔さん。

イチゴやリンゴ、そしてほっき貝の産地として知られる自然豊かな山元町。ここに、障害を持つスタッフが元気…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】再び時を刻み生まれ変わる名取市のJAZZ喫茶

全国からJAZZファンが訪れ、名取市下余田地区の方々にも愛されてきた老舗のJAZZ喫茶「JAZZ i…

この記事を読む...

【いわたかれん復興フォトVOL.6】「海と共に生きてゆく」

皆さんこんにちは!岩田華怜です。 今回私がご紹介するのは、宮城県気仙沼市です。 気仙沼と言えば、海の…

この記事を読む...

海の可能性を商品にのせて。株式会社シーフーズあかま 赤間 俊介さん

3代続く漁師の家。赤間さんは中学生のころから船に乗り、ワカメの養殖を手伝っていたと言います。 「気持…

この記事を読む...

島が好きで、続ける人と語り合う。ATSUSHIさんと塩竈市浦戸諸島へ。

「島を盛り上げたい」と話す中学生の「友達」 マリンゲート塩釜から塩竈市営汽船で30分ほど。桂島や寒風…

この記事を読む...

【NOW IS復興インタビュー】雄勝町伊達の黒船太鼓保存会 神山正行さん、四倉由公彦さん

今回は石巻市雄勝町で伝統郷土芸能を伝えている「雄勝町伊達の黒船太鼓保存会」の会長・神山正行さん、事務…

この記事を読む...

【いわたかれん復興フォトVOL.5】荒浜小学校と日和山

皆さんこんにちわ。岩田華怜です。 最近は涼しくなって、すっかり秋ですね^ ^ 今回私が訪れたのは、宮…

この記事を読む...

【NOW IS復興インタビュー】有限会社マルタ水産 相澤信幸さん

平成29年9月24日、名取市閖上(ゆりあげ)で第1回目の「しらす祭」が開催されます。 今年から宮城県…

この記事を読む...

不安も困難も、団結力で突破した。カーネーション農家 太田 伸也さん

「地区民運動会なんか、もう、最高に強い。自分が小さいときから、小塚原っていったら、団結してるって有名…

この記事を読む...

時の流れを取り戻しつつあるこの土地で。LiLiCoさんとマラソンコースを歩き、街の人々と語り合う1日。

「ここがスタート地点?実感わくなあ」。潮風が心地よく背中を押してくれる夏の日。「東北・みやぎ復興マラ…

この記事を読む...

【宮城発!元気と食の最新情報】東松島市と共に歩む、希望の象徴「ブルーインパルス」

8月27日に開催された「松島基地航空祭 復興そして飛躍へ2017」。 震災の影響により7年ぶりの開催…

この記事を読む...

【NOW IS復興インタビュー】震災遺構仙台市立荒浜小学校

震災遺構仙台市立荒浜小学校は、東日本大震災の津波で被災した校舎をそのままの姿で展示している施設です。…

この記事を読む...